洗濯について

アトピーとの付き合い方(洗濯編)

洗剤の選び方

こだわってほしいものの1つに洗剤があります。

アトピーの人の衣類や寝具を洗うのに、適しているものとして、粉石けんや液体石鹸が良いと思います。
特に洗剤が溶けにくい冬場の洗濯は、洗剤の量を減らしてみるのも一つの方法でしょう。どうしても水温が低いと洗剤の洗い残りが見られるからです。
アトピー肌にとって、洗剤が残ったままになると、それに刺激されて症状を悪化させてしまうことになります。ですので、いかに洗い残しをなくするか工夫をする必要があります。 家では注水したままですすぎの回数を増やしました。そのため、洗濯する時間が非常に手間がかかりましたが、子供が痒がるのを見るよりもそのほうがずっとラクなものでした。

お店によっては、液体より粉のほうがいいと薦めてくれたりしますが、初心者さんには液体なら、水にも、すぐ溶けますし、粉を溶かす手間も必要ありません。その洗剤が刺激を与えていないようなら、液体のほうからはじめてみては、どうでしょうか?

上記でお話している石鹸とは、合成洗剤ではありませんので、石鹸成分で出来たものを必ず購入してください。ここで当然大事なポイントは無添加・無着色である洗剤を選ぶことです。界面活性剤の入ったものなどはよくありません。

あとは、汗をかいたりしたら、こまめに汗を拭いたり、着替えたりすることをお勧めします。

 

2018年6月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930