原因

さて、どのような体質のことをアトピー体質というのでしょうか。

現代医学でもアトピーの遺伝的な要素は強くあるようにいわれています。
母親から子供へアトピーの遺伝子が伝えられてしまうようですが、現代医学でもまだこの遺伝子の伝達の手段を防ぐ方法はみつかっていないようです。

しかし、親がアトピー体質だからといって、子供も必ずアトピーになるわけでもなさそうです。環境やストレスによりアトピーの遺伝子を持っていても発症しない人もいたりアトピーの遺伝子を持っていなくても食生活の影響、さらに環境やストレスなどにより発症する人もいるようです。

我が家は長女がアトピーがかなり重症の方ということでしたので、2人目を妊娠した時には、長女のアレルギーが強いものを妊娠初期から摂取しないように気を付けていました。 もちろん、病院の指導のもと、相談しながら行いました。結果、2人目の子供は軽いアトピーかなー?というレベルで済みました。
それが100%結果として、効果が出たのか、たまたま出なかったのかは何ともいえませんが、 一時の母親の注意で子供が一生軽く済むなら実行してみるのも良いかもしれません。
出産してからは子供と変わってあげることはできませんから。

我が家の例でもありますが、ちょっとした注意で先天的なアトピーを軽くすることもできるように思います。

アトピー体質の人の特徴として以下のようなものがあるそうです。
・遺伝的要素が強い(これは、我が家は両親ともアレルギーの体質があるようです)
・血液中の好酸球が増加しやすい
・アレルゲン皮膚反応が陽性

アトピー体質に限ったことではないかと思いますが、アレルギー性鼻炎・じんましん・結膜炎などを起こしやすいのも特徴の一つであるそうです。私は、息子が結膜炎を起こすとその度にもらってしまい、親子で結膜炎という情けない子育ての時期を過ごしました。 (>_<)

子供のアトピーの原因

現代はストレス社会といわれ、なんと大人だけではなく子供までがストレスがアトピーの引き金になることがあるようです。
今までは子供のアトピーというと、体質の遺伝的なものや食べ物、乾燥肌などが原因の多くを占めていましたが、最近では食生活の欧米化や環境の悪化、そして、いろいろな化学物質が原因となって子供のアトピーの引き金となっているようです。

化学物質といっても建物に含まれるものから食品に至るまでいろいろなものがあります。事実、私は娘と一緒に除去食を行ったせいでファーストフード系のものがとても苦手です。外食してもそうですが、チェーン店とかに行くと独特のイメージがあります。
普通に食べているときには全く気にならなかったのですが、一旦合成保存料などを抜いたものを接種してその後、普通に戻したときにしばらく気持ちが悪かったことを覚えています。

家の娘の頃は除去食ブームでしたので素直にそれを実行しましたが、今は、除去食もありだと思いますが、それ以外に目に見えない精神的なストレスなどが現在の子供には多いように思います。アレルギー物質を除去すれば多少は軽くなるかと思いますが、精神的なストレスを抱かえていると完治するまで時間がかかるようです。事実、娘も何でも食べれるようにはなりましたが、ストレスを感じているようなときには顕著にどこかにサインが出ています。

.

子供に限ったことではありませんが大人であってもアトピーである場合まず見直したほうがいいのは生活習慣です。基本的な生活習慣が乱れることによって、徐々に、または突然にアトピーが悪化します。睡眠がしっかり取れるように早寝、早起きを心がけるだけでも結果は違ってくると思います。そして、次に食事です。レトルトや出来合いのものが続くと調子が悪くなります。娘も今でも忙しくて手作りのものが用意できないことが続いてくるようになると調子が悪いようです。

子供、大人に限らず上手にストレスを発散する方法を探すのもアトピーを悪化させにくい対策となるのではないでしょうか。

 

2018年12月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31