スキンケアについて

アトピーとの付き合い方(スキンケア編3)

さて、やさしくお肌を洗って汚れを落とした後の保湿もアトピー肌には重要となります。

アトピー性皮膚炎の特徴的な症状として乾燥があります。
お肌を乾燥させてしまうとバリア機能が低下してしまいます。
そうなるとアレルゲンや細菌が皮膚内に侵入しやすくなってしまい、アトピーの症状をかえって悪化させてしまいます。そうなると、乾燥がさらに促進されてしまうという悪循環に陥ってしまい、アトピー性皮膚炎は徐々に重症化していくということに、なってしまいます。

ですので、せっかく、やさしく洗って汚れを落とした後は、速やかに保湿と補水を行うことが大事です。

保湿剤については、絶対これがいい!ではなく、各人の合う、合わない、が、ありますので、担当医と相談の上、使用してみることをお勧めします。
我が家の娘においては、他人がこれが、良い、といったものを使用してもあまり、効果のなかったもの、案外と肌に合うもの、いろいろとありましたので。
その際の注意ポイントとしては、使用感が良いと思っても市販の物を使用する場合は、必ず成分表に注意して下さい。どんなに良く効いてもステロイドが含まれているもので症状が良くなってもそれは、見た目が良くなるのは、当たり前のことですので、十分に気を付けるようにして頂くと良いと思います。

アトピーとの付き合い方(スキンケア編2)

アトピー性皮膚炎の原因であるアレルゲンの体への進入経路は、鼻や口だけではなく、皮膚からもあります。
また、アレルゲン以外にも、さまざまな汚れが、お肌には付着しています。たとえば酸化した皮脂(過酸化脂質)や、治療用の軟膏、およびスキンケア用の保湿剤の残りかすなどが該当します。

アトピー症状を悪化させる原因に上記のものは当たります。お肌は最低でも1日に1回は、石鹸などで洗って皮膚を清潔にすることが必要です。
ここで、注意することは、決してナイロンタオルやスポンジでごしごし擦り洗いをしてはいけません。このような洗い方をしてしまうと、アトピー性皮膚炎の炎症で傷ついたお肌は刺激に弱く過敏になっていますので、逆に傷をつけてアトピー症状を悪化させてしまうからです。

洗顔剤やボディソープをしっかり泡立てて使用することと、その泡をお肌の上で転がすようにして優しく丁寧に洗うことが重要になります。ごしごし擦らなくても、きめ細かく泡立てられた洗顔剤やボディーソープなどは、汚れを効率よく乳化する働きがあるため十分きれいに洗うことができます。

洗顔後の水分の拭き取り方にも注意をしてください。軽くお肌に柔らかいタオルをポンポンと押し当てて拭き取るようにします。必ず清潔なタオルを使用し、他人との共用のタオルや使用済みのタオルは避けましょう。かえってお肌を汚してしまう原因になります。

アトピーとの付き合い方(スキンケア編)

石鹸の選び方

気をつけていただきたいものに石鹸があります。

成分表

購入の時に必ずしっかりと成分表に目を通して下さい。
注意する必要がある点は、”薬用”と記載されている商品です。 これは購入を控えたほうが無難です。”薬用”という表示のある商品は医薬部外品に当たるため全成分表示を義務付けられていないからです。ということは、何が含まれているのか消費者は、判断することが、できまんせんね。アトピーの人にとっては、何が入っているかわからない、ということは、悪化したときに何が悪いのか特定することができなくなりますので、注意が必要です。

保湿や美容成分

効果がいろいろと謳われていると体に良いような印象を抱きがちですが、石鹸とは、基本的には、洗浄を目的とするため、保湿・美容成分は不要なものです。この成分がかえって肌にあわずに悪化させる原因になることもあります。石鹸を選ぶ際は洗浄に的を絞って成分を選択してください。保湿をするのは、別途、自分にあった保湿クリームでケアすることをお勧めします。

食器用洗剤(台所の石鹸)

全部の成分表示の義務がこれにもありません。そのため表示されている以外の成分が入っていることがあります。このことを念頭において、よく注意して購入を検討されるとよいでしょう。

肌に直接塗り込む物ではないので、軽視されがちですが、上記について少し注意をして購入されるとよいでしょう。

 

2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031