お掃除編7

窓ふきなどの薬剤使用について 現代は、窓ふきに限らずお掃除するのに、強力な薬剤が市販されていて、手軽に使えるようになっています。酷い汚れも簡単に落とすことができて非常に便利ですが、少し考えてみてください。 床にしろ、窓にしろ、子供が直接肌に触れる機会がありますよね。まして、赤ちゃんがいれば、なめたりすることも当然ありますので、そんなところに、掃除をするためとはいえ、薬剤を使用するのは、いかがなものでしょうか? それぞれのお宅でいろいろ工夫されていることと思いますが、窓は昔は、濡れ新聞紙を使っておりました。他にも便利な道具が出ていてゴムとスポンジが付いていて、ワイパーのような感じでスポンジの部分で窓を濡らして汚れをとり、ゴムのワイパー部分でなでると、水分がきれいにとれ、ガラス面がむらなくきれいになります。私は、器用ではないので、ガラス面をきれいにするコツをつかむのに少々時間を要しましたが、なれてしまえば、薬剤を使わなくても、綺麗になります。本当にびっくりするくらい綺麗になりますね。 あと、室内の汚れの取り方ですが、お湯を使ったり、お酢や、最近は重層などが多く出回っていますね。お酢や重層でもきれいに汚れが落ちます。最近は、これらを使った掃除の方法などもたくさん紹介されていますね。 お酢や重層を使うということは、環境にも優しいですから、ぜひお勧めします。

 

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930