スキンケア2

アトピーとの付き合い方(スキンケア編2)

アトピー性皮膚炎の原因であるアレルゲンの体への進入経路は、鼻や口だけではなく、皮膚からもあります。
また、アレルゲン以外にも、さまざまな汚れが、お肌には付着しています。たとえば酸化した皮脂(過酸化脂質)や、治療用の軟膏、およびスキンケア用の保湿剤の残りかすなどが該当します。

アトピー症状を悪化させる原因に上記のものは当たります。お肌は最低でも1日に1回は、石鹸などで洗って皮膚を清潔にすることが必要です。
ここで、注意することは、決してナイロンタオルやスポンジでごしごし擦り洗いをしてはいけません。このような洗い方をしてしまうと、アトピー性皮膚炎の炎症で傷ついたお肌は刺激に弱く過敏になっていますので、逆に傷をつけてアトピー症状を悪化させてしまうからです。

洗顔剤やボディソープをしっかり泡立てて使用することと、その泡をお肌の上で転がすようにして優しく丁寧に洗うことが重要になります。ごしごし擦らなくても、きめ細かく泡立てられた洗顔剤やボディーソープなどは、汚れを効率よく乳化する働きがあるため十分きれいに洗うことができます。

洗顔後の水分の拭き取り方にも注意をしてください。軽くお肌に柔らかいタオルをポンポンと押し当てて拭き取るようにします。必ず清潔なタオルを使用し、他人との共用のタオルや使用済みのタオルは避けましょう。かえってお肌を汚してしまう原因になります。

 

2019年8月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031